eBayリミットアップ、電話代行をお願いする3つの理由【子育て主婦あるある】

目安時間:約 9分
スポンサードリンク

リミットアップ代行

eBayのリミットアップ。

とくに初期の頃は、販売枠が少ないので
30日ごとにきっちりeBayに電話をして、
出品枠を増やしてもらうことが大切です。

 

このリミットアップ、
電話ではなくてメールでもOKなんですが、

上がり幅は
電話のほうがガッツリ上がることが多いん
ですよね。

 

 

ちなみになにもしなくても勝手にリミットが上がる
自動リミットアップなんていうものも。

 

私の場合、
eBayに登録してから最初の3回は、
勝手に向こう(イーベイ)からメールが来て
自動でリミットアップしてくれました。

 

ただ、上がり幅は小さいんですよねー。

 

で、それ以降は
電話でリミットアップしているわけですが、
自分でやらずに、代行をお願いしています。

英語はネイティブのようではないけれど、
会話は普通にできるので
自分でやれないことはないけれど、

 

あえて、自分ではやりません。

 

そもそも、自分でやるのをやめたキッカケは、
eBayでセラーアカウントを作るときに
あれこれトラブって、

何度もカスタマーサポートに電話をしたり。

 

そのときにあちこちにたらい回しにされた挙句に
電話をブチっと切られたりとか、

送った書類を受け取っていないと言われたりとか
まあそんなことが連続でありまして。

 

何年か海外で生活したこともあるので
担当者によって言うことが違うとか、
ある程度予想はしていましたが

 

ただでさえ時間がないのに、
貴重な時間を使って国際電話をして、

 

 

散々待ってやっとつながったと思ったら
勝手に切られるとか

ありえん!!

 

と思っちゃいます。

 

 

【リミットアップ、代行をお願いする3つの理由】

少々、前置きが長くなりましたm(_ _)m

 

タイトルにある、

eBayリミットアップ、
電話代行をお願いする3つの理由
【子育て主婦あるある】

 

ですが、

 

主婦、とくに小さい子持ちのお母さん方なら

あー、わかる!!

 

 

と共感して頂けるのではないかと。

 

1.国際電話の時差がキツイ。
アメリカに夜中や早朝に電話できない。

eBay(アメリカ)に電話をする場合は西海岸なので、
日本との時差は16時間。

 

現地時間の朝9時から夕方5時は、
日本時間だと深夜1時から朝9時となります
(サマータイム中)

 

 

サマータイムでないと時差が17時間になりますが
いずれにしても、日本からは電話をしにくい時間帯。

 

一人暮らしだったり、
夜中に電話をしても誰にも遠慮しなくて
良い環境であれば問題ないでしょう。

 

 

でも、うちの場合は
幼児がいるので、まず無理です。

 

お屋敷に住んで、子どもはばあやが見てくれて(笑)
自分は別部屋で夜はゆっくり過ごせるなら、
可能かもしれないけれどw

 

 

現実は、狭いマンションです(~_~)

 

 

それだったら、
日中にeBayシンガポールに電話すれば?
と思われたかもしれませんね。

私が登録した頃は、まだギリギリシンガポールに
つながっていたんですが(2013年末)、

 

年が明けて2014年2月ころからは、
eBay.comでアカウントを作ったセラーの
サポートを
シンガポールではしなくなったため、

 

もう電話をするなら
アメリカ一本になってしまったのです(涙)

 

 

2.待ち時間がもったいない

リミットアップの国際電話をかけて、
すぐにカスタマーサポートにつながれば良いのですが、
まずそんなことはないですw

 

私がシンガポールにかけていた時は、
40分待ちとか、ザラでした(汗)

 

 

その間、スピーカーホンにしておくわけだけれど
もしこれを夜中、家族が寝静まっている時にやったら、
えらいことになりますorz

 

かといって、ずっと受話器を
耳にあてておくわけにもいかないし。

 

 

待っている間は、
他の作業をしているわけだけれど、

 

電話がつながったらすぐに出なくては!

 

と思っているので、
意外と集中できないんです。

単純作業ならできるけれど
それでも意識の何割かは電話に行っているので
なんだか落ち着かない。

 

英語でやりとりするので、
頭のなかで準備して
ちょっと身構えているのもありますし(苦笑)

 

そういったエネルギー、
わたしは使いたくないんですよね。

 

 

3.子どもの声が入ったりして、集中できない

子育てあるあるネタですが

「電話がやっとつながった瞬間に子どもがぐずる」

(苦笑)

 

eBayシンガポールに自分で電話していた時は、

やーっとつながったのに、
子どもが隣で、ワーワー言う。

 

相手が何と言っているか聞き取れないし
必要以上に神経を使います。

 

「ちょっと待っててね。
お仕事の電話だから」

 

これが通じる年齢になれば
良いんでしょうがね・・・・

 

アメリカに電話であれば、
深夜になります。

(早朝や朝でも良いけれど、
主婦は忙しい時間帯ですよね)

 

夜中だと、

なんでこのタイミングで授乳なの!

なんでこのタイミングで起きるの!

 

乳幼児を育てているママさんなら
誰しも思ったことがあるでしょう・・・

 

 

それがリミットアップの電話でも起こってしまう
可能性は・・・

 

悲しいですが
もちろんあります

 

そうなると、もうやってられない、
貴重な時間を使ったのに!と

私だったら思ってしまうのですよね。
起きた子どもに罪はないのにね。

 

ちなみに、現地の営業開始後
すぐに電話をすれば、さすがに40分待ちなどと
いうことはないそうなので、

自分で電話をするとしたら、
できるだけ早い時間に、ですね。

 

そうすれば、
子どもが起きることもなく
サッとリミットアップを済ませられるかもしれません^^

 

 

以上、
3つの子育て主婦あるあるの理由から、

私は自分でリミットアップの電話をするのを
やめました。

それだったら、
多少お金をお支払いしても、
プロにお願いして安心した気持ちでいたい。

 

わたしは、
初期からSAATSの林さん
リミットアップを代行して頂いています。

 

通訳さんが入って、三者通話でeBayとやりとりをする
リミットアップ代行もあるようですが、

 

 

林さんの場合は、
IDなど必要事項をお願いしたら、
あとは丸投げ
です。

 

だいたいいつも、
夜中に電話をして下さって、

朝起きると、eBayからリミットアップされたよー!と
通知メールが来ています。

 

なんて、ストレスフリーなの!!!(嬉)

しかも、費用は1000円です。
助かります^^

 

 

あっ、

SAATSのサポートサービスに入っている方が
この値段でお願いできます。

 

別に会費を払う必要がありますが

英訳和訳サービスや、
林さんとのスカイプコンサル
受けられるので、

私はもう2年近くずっと会員です。

 

 

林さん、お忙しいのに
メールもいつも即レスです。

 

eBayは取引件数をこなすうちに
トラブルも比例して増えていきますが、

いつも的確なアドバイスをいただけるので
安心してeBayでの出品を続けていけます。

 

やっとペイパルの資金保留がなくなったときも、
少しeBayから「君はちゃんとやってるね!」と
認められたような気がして嬉しかったな♪

→ 過去記事 Paypalの21日間資金保留がやっと解除に!【アメリカとの取引件数25を超えました】




【期間限定&完全無料】
国内&eBay・アマゾン輸出のマニュアルとツールが無料!


⇒ 今だけ、稼ぎを倍増させる6大特典を進呈中。



詳しくは下記バナーをクリック
↓ ↓ ↓





★記事を読んで疑問や質問などがありましたら、
「問い合わせフォーム」からお気軽にご連絡くださいね。



無料メルマガ「うっちー@電脳せどり通信」登録で今だけ特別プレゼント中!
詳細は下のバナーをクリックして確認♪
   ↓  ↓  ↓

このブログを書いている人

うっちー画像

神奈川県在住:子育て中の主婦、うっちーです♪2015年にアマゾン月商213万を達成しました
詳しいプロフィールはこちらから

最近の投稿
人気ページランキング
☆★ブログランキング参加中です!応援クリックよろしくお願いします★☆
カテゴリー
サイト内検索はコチラから♪